大阪発の「おもろい」サービスを紹介する記者会見イベント「Shoot from Osaka(n) vol.5」を2013年7月26日に開催 #ShootOsaka

大阪発の「おもろい」サービスを紹介する記者会見イベント「Shoot from Osaka(n) vol.5」を2013年7月26日に開催 #ShootOsaka

大阪で生まれた面白いサービスやプロダクトの開発者と、各種メディアの記者が一同に介してプレゼンテーションを行うイベント「Shoot from Osaka(n)」もいよいよ第5回。日本と海外の着物ファンをつなぐ「FURICLE」や海を楽しむツアー企画「うみあそびと」など、今回もジャンルの壁を飛び越えたサービスが登場します。

「Shoot from Osaka(n)」は、Webで展開するIT系のサービスの紹介イベントとして2012年4月に始まり、今回で5回目の開催になります。

IT系のサービスや「スタートアップ」と呼ばれる初期段階のプロダクトについては、開発者もメディアも東京圏に集中しています。そのため地方都市で開発されたものについては取材コストの関係上、どうしても注目を浴びにくくなってしまっています。

「Shoot from Osaka(n)」ではそうした現状を踏まえ、サービスの開発者がプレス関係者に対して直接プレゼンテーションを行い「大阪からの情報発信」を行うことをテーマとしています。当初はIT系のサービスが中心でしたが「大阪初の民間校長による学校支援組織」や以前大阪IT通信でも紹介した半導体アクセサリー「さのもの」など、ジャンルを横断するものが増えてきました。

プレス側も「TechWave」や「SD Japan」、「東京IT新聞」など在京のWebメディアの協力を得ており、第4回では産経新聞や朝日新聞の大阪支部、在阪テレビ局も取材を行うなど、その認知度は徐々に高まっています。

普段は離れている開発者どうしの関係も深まり、また集まることでプレスの注目もさらに集まりやすくなるこのイベント。「大阪IT通信」も、もともとは「Shoot」発のメディアです。「地方の力」にスポットライトが当たることの多い昨今、こうしたムーブメントはさらに加速するでしょう。

参加申し込みはこちらから。

Shoot from Osaka(n) vol.5 ~ おもろいもんや新しいもんをアピールする記者会見イベント #ShootOsaka | 大阪のコワーキングスペース : Osakan Space (オオサカンスペース) : 本町駅すぐ御堂筋沿い

開催要項:

日時:2013年7月26日(金)19:00~22:00
場所:オオサカンスペース(大阪市中央区備後町3-6-2 大雅ビル10F)
参加費:5000円(1人)交流パーティ参加費を含みます。

発表者一覧:

■日本一高い「あべのハルカス」建築を支えた気象予測会社「日本気象株式会社(大阪市)
 日本気象株式会社情報システム課サブリーダー 寺田浩之氏

■海外の着物ファンに着物や日本文化を届ける「FURICLE(フリクル)
 「FURICLE(フリクル)」八木創平氏

■もの作りで起業「200年前に生まれたレースをランジェリーに
 たけすえ あさこ氏

■海を楽しむツアーを企画「うみあそびと」始動
 マリンクラブ うみあそびと天井十秋氏

■飲食店を救うのは街コンやバルだけじゃない。世界を変える「ハッピーアワー
 株式会社ギャラクシーエージェンシー金谷元気氏

■「MyCover」”ありそうでなかった”書籍の表紙制作をデザイナーに頼めるサービス
 デザインエッグ株式会社 代表取締役佐田幸宏氏

■わずか60分で取材品質の導入事例を自作できるWEBサービス『導入事例メーカー
 導入事例メーカー金子綾子氏

大阪IT通信について

大阪IT通信は、『地域とITをむすぶメディア』です。大阪近郊の地域情報と全国のIT情報を発信していきます。

メールマガジンをご購読ください。
関西の最新IT情報をお届けします!