ビジネス街のど真ん中に現れる市場「大阪マルシェ ほんまもん」生産者と消費者をつなぎ、地産地消を目指す

ビジネス街のど真ん中に現れる市場「大阪マルシェ ほんまもん」生産者と消費者をつなぎ、地産地消を目指す

毎週水曜日、御堂筋沿いの淀屋橋odonaの前に新鮮な生鮮食品や加工食品を販売する「市場」が立ちます。それは「大阪マルシェ ほんまもん」消費者に直接届けたいと願う生産者の市場です。


「マルシェ」はフランス語で市場の意味を持つ言葉。もともとは2009年に農林水産省の補助事業として始まったものです。3年後に事業は終了しますが、その後もこのまま終わらせるのはもったいない!と「マルシェ・ジャポン」として活動を続けることになりました。

マルシェ・ジャポンの本部は東京に置かれ、全国各地で開催されています。地域によって方針が違いますが、大阪の目指すところは「地産地消」。趣旨に賛同する有志で運営され、原則として大阪マルシェには近畿圏の農林水産物や加工物のみが出品されています。

トマトや青梅など野菜

篠山の玄米や白米

たこやカニなど水産物も

カステラやポン菓子など加工品

和歌山のズッキーニや泉州産ゴーヤ

泉州産のミニトマト

珍しい葵衣あげ 袋のなかでバリバリ割って、油抜きせずそのままおだしの中で炊く

今回の戦利品:玄米ポン菓子・葵衣あげ・キャベツ・トマトなど

ビジネス街の昼下がり「今はこれが旬やで」「あの店の葵衣あげはおばちゃんもファンやねん」「このもずくたべてみ」などなど、生産者の方との会話を楽しみながら買い物をしてきました。これからも時折ふらっと訪れて、都心にいると忘れてしまいがちな四季を市場から感じたいと思いました。

今回は淀屋橋odonaでの開催にお邪魔しましたが、中之島公園でも月1回開催されています。(夏期は休業、次回は10月開催予定)その他の場所でも不定期で開催されており、以下の関連リンクで開催予定がアナウンスされています。

関連リンク
マルシェ・ジャポン
http://www.marche-japon.org/

odona×「大阪マルシェ ほんまもん」|淀屋橋odona[オドナ]
http://www.odona.jp/honmamon/

大阪マルシェ「ほんまもん」運営 泉佐野市公園緑化協会
http://www.hana-izumisano.or.jp/pages/index.html

※記事中に使用している写真やイラストは、この記事へのリンクを貼ることで自由にご利用いただけます。ブログやニュースサイトへの投稿にお使いください。

大阪IT通信について

大阪IT通信は、『地域とITをむすぶメディア』です。大阪近郊の地域情報と全国のIT情報を発信していきます。

メールマガジンをご購読ください。
関西の最新IT情報をお届けします!