会社負担で飲み二ケーション 時代と逆行した社内制度『シャッフル飲み会』

会社負担で飲み二ケーション 時代と逆行した社内制度『シャッフル飲み会』

社内制度シャッフル飲み会について…

こんにちは。株式会社ギャラクシーエージェンシーの広報担当 森村優香(もりむらゆか)です。
今回は当社の『シャッフル飲み会』という社内制度を紹介します。

『シャッフル飲み会』とは?

『シャッフル飲み会』は2013年に入って開始された社内制度です。
もとは『シャッフル飯』という2011年に始まったランダムに選ばれた人とランチに行く社内制度で、食事の費用は会社負担でした。(1人1000円まで)
『シャッフル飯』を実施していく中、お酒を交えリラックスをした状態で、より本音で話せる機会にしていきたいという思いから、現在の飲み会スタイルになりました。
飲み会は2か月に1回、飲みに行くグループをランダムに決め、幹事を中心にメンバーで場所や日程を決めます。なお、飲み会の費用は『シャッフル飯』と同じく会社負担となっております。(1人3000円まで)
もちろん3ハラ(アルハラ・パワハラ・セクハラ)は禁止です。

全員が本音を言える次世代飲み二ケーション

社内の飲み会と聞いたら、堅苦しいものを想像される方も多いと思います。
しかし当社で行っているのは、一昔前の強制的な飲み二ケーションではなく、部署・上下関係なしに気軽に話せ、参加・帰宅も自由、そして費用も会社負担なため「飲み代は安く済ましたい」「自分の時間も大切にしたい」という今のニーズに合った言わば、次世代飲み二ケーションといえます。

当社ではこの飲み二ケーションが社員同士をつなぐ立派な役割を果たしています。
たとえば普段関わることのない人に「自分はこれが得意です」とアピールをすることもでき、仕事面でその分野の仕事を任せてもらえたり、新入社員は誰が何を得意としているのか知り、頼るべき時に適切な相手を選ぶことが可能です。このようにお互いを知ることによって経験を積み、成長していく機会を多く得ることができます。
そして最終的には会社全体の仕事の効率を上げることに繋がっています。

そしてこの仕組みを参考に、2対2の飲み会マッチングwebサービス『Happy Hour』が誕生しました。

大阪IT通信について

大阪IT通信は、『地域とITをむすぶメディア』です。大阪近郊の地域情報と全国のIT情報を発信していきます。

メールマガジンをご購読ください。
関西の最新IT情報をお届けします!